Homeに戻る
ISHIHARA PRECISION 事業内容 会社概要 採用情報
HOME > 加工用語
加工用語
弊社で使用している用語をご紹介します。弊社の使用している用語、用法で不明な点や質問は、お手数ですが、お問い合わせください。
旋盤加工(旋盤機を使用した加工)
旋盤とは基本的には円柱状の材料を回して、それにバイトと呼ばれる刃物を当てて材料を削る工作機械。
昔ながらの汎用旋盤とコンピューター制御によるNC旋盤があり、NC旋盤は、主軸の回転工具の交換、切削油の入切などをプログラムによって制御します。
フライス加工(フライス盤を使用した加工)
フライス盤とは、回転している工具に材料を当てて加工する工作機械。工具にはドリルやエンドミルと呼ばれる刃物等を使います。
マシニング加工(マシニングセンターを使用した加工)
マシニングセンターとは、数種類の切削加工を同じ場所で行うことができる工作機械。
フライス盤をコンピューター制御した構造がよく使われています。立型・横型・5軸制御などの種類があり、それぞれの特異性にあわせて使用します。
NC旋盤と同様、工具やテーブルの移動、主軸の回転停止、工具交換などをプログラムにより制御できます。
研磨加工(研磨機を使用した加工)
砥石を使って高精度な仕上げ加工を行うための工作機械。
代表的な除去加工で、高速で回転する砥石には固定砥粒によって多数の切れ刃が形成されているので高精度な仕上げ面が得られます。
平面研削盤、円筒研削盤、内面研削盤、工具研削盤などがあります。
ホーニング加工(ホーニング加工機を使用した加工)
機械工作で、油砥石を取り付けたホーンとよぶ工具を運動させ、一定の圧力で加工物面に押し付け、加工物との間に回転と往復運動を与え、多量のホーニング油を注ぎながら目的とする表面あらさと寸法、形状を得る加工法で精密に研いで仕上げる方法。
自動車のシリンダーブロックの円筒内面などの加工を行います。