Homeに戻る
ISHIHARA PRECISION 事業内容 会社概要 採用情報
HOME > 事業内容
事業内容 設備紹介 製造品目 製造工程 品質管理
その技術に体温は感じられるだろうか。創る人の心が注ぎ込まれているだろうか。そんな問いかけを、いつも私たちは忘れません。
「心と技を一つに重ねる」。この言葉にこそ、技術に対する私たちの哲学があります。確かに機械の進化は、仕事を著しく効率化しました。しかし機械にすべてを頼る技術には、どこか温かさが足りない気がします。優れた技術とは、創る人のぬくもりを感じさせ、使う人に優しいもの。この基本を忘れたくはありません。そのため、何よりも大切にしているのは、五感で仕事を覚えるという姿勢です。私たちは汎用技術・技能を重視し、たとえ経験豊富な人材でも、入社当初は汎用機の操作から始まります。その経験が素材の研磨特性や硬度を知り、機械操作の微調整の習得にもつながると考えているからです。「目で見、耳で聴き、指先で感じて、刻々と変わる状況を判断する」この感性が、NC機を有効に活用するベースになるのです。微妙な感覚は決して機械まかせにはできません。私たちはモノづくりへのこだわりを持ち続ける企業でありたいと思います。
加工業務
 マシニング、5軸加工、旋盤加工、研磨加工、ホーニング加工、仕上げ加工、バランス取り
加工可能素材
 アルミ、マグネシウム、チタン、インコネル、ハステロイ、鉄・鋳物各種
作業品目
 軸物、箱物、削り出し
一貫製造体制
IPネットワークの特化したものとして、当社は「A.E.G.(エアロエンジニアリンググループ)」を組織し、「宇宙航空分野」で蓄積した独自のノウハウを活かしています。流体力学の専門家を中心としたグループは、流体機器から風試模型・環境模型に至るまでの設計・製作を手がけ、その高い専門性により広くお役に立てるグループです。